h

一般社団法人 モルドバジャパンについて

子どもデイケアセンターについて

開設の経緯~カザネシティ村にみるモルドバの教育事情~
モルドバでは、就労人口の約50%が出稼ぎのために国外に出ていってしまうと言われており、家に残された子供たちは孤独な思春期を過ごさなければなりません。モルドバ北部にある小さな村、ここカザネシティでもそれは例外ではありません。

モルドバの教育制度は、毎日出される宿題が採点されその内容が成績に直結しているため、家庭に戻り宿題を見てくれる親がいない子供たちの多くは、成績不振に悩まされがちです。その結果不登校となってしまうケースも少なくなく、深刻な社会問題となっています。

このことを受け、上記のような子供たちを受け入れるための学童施設「子どもデイケアセンター」を、2004年、カザネシティに開設しました。



活動内容





「子どもデイケアセンター」では、約220人の全校生徒の中から、特に家庭が貧しい子供や両親共に国外に出稼ぎに行っている子供たち30人前後を対象に、放課後に学校側が無償開放してくれた教室を使い主に宿題を教えています。

センター開設による成果